オアフ島~ハワイの高級ホテルでロミロミ♡ モアナ・ラニ・スパで贅沢体験

ハワイへの渡航は数えるほどしかない私ですが、どうにもはまってしまったのが、高級ホテル・モアナサーフライダーのモアナ・ラニ・スパです。私は毎回JTBオプショナルツアーかVELTRAで予約していきます。

・JTB
モアナ・ラニ・スパ(ヘブンリー・スパ・シグネチャー・マッサージ50分)

・VELTRA
モアナ ラニ スパ マッサージ <ウェスティン・モアナ・サーフライダー内>

ハワイには、もっとリーズナブルなロミロミの施術が受けられるサロンがたくさんあります。ホテルまで来てもらえる出張ロミロミも、お子さん連れの家族や、到着後すぐにホテルでゆっくりしたい方などに人気ですよね。

私は第1回目のハワイへの渡航の時、行きの飛行機でものすごく浮腫んでしまって、次の日までそれを引きずってしまったんです。その後、ロミロミの存在を知り、「あー到着日に予約しておけばよかったなー。」と思ったんですね。

そこで、第2回目の渡航ではその反省をいかし、かつ、初日に「あーー!ハワイに来たぞー!!」という感動を体いっぱいで感じたいという思いから、ワイキキのサロンを調査し、奮発してモアナ・ラニ・スパを予約したのです。

それがとってもよかった!!ですので、リピートしてしまっています。決してリーズナブルではありませんが、ハワイ滞在を最高な気分でスタート!という思いで、贅沢しているのです。

まず、とにかく写真を見ていただきたいです!※スパの中は残念ながら写真が撮れなかったので、以下のサイトをご覧ください。

モアナ・ラニ・スパ 公式サイト
http://jp.moana-surfrider.com/spa.htm

VELTRA モアナ・ラニ・スパ 紹介ページ
http://www.veltra.com/jp/hawaii/oahu/a/14307

素敵じゃないですか?特に、スパゾーンと休憩ルームは、ワイキキビーチを見渡せるオーシャンビューなんです。

では、さっそく入店から帰るまでの流れを紹介しますね。(写真がないので、番号付き箇条書きで書いていきます。体験記なので、こちらのスパに行くのに不安がある方に見てもらえるといいかなと思います。)

①羽田発の飛行機で飛び、もろもろの時間を考慮して15:00に予約をしておきました。30分前までに入店するようにという注意事項がありましたので、14:30には着くように行動しました。ただ、これだと正直忙しいです!羽田発だと16:00に予約しておくとその前のスパの時間も長く取れるのでいいですよ!モアナサーフライダーに到着し、最初はスパの入り口にちょっと迷いました。ホテルに向かって右側の「2階」です!エスカレーターに乗っていってくださいね。

②私が行くときは毎回日本語OKの受付スタッフがいます。たぶん1人は日本語OKなスタッフが常駐していると思われます。受付スタッフに予約していたチケット(単にインターネットで予約をした時の印刷した紙)を渡します。

③すぐに待合スペースに案内され、そこではカルテを記入します。名前や体調などを記入してください。ここも日本語で書いて大丈夫ですよ。

④カルテが書き終わると、スパ側の着替えロッカーに案内されます。ロッカーの使い方(ナンバーロックのかけ方など)、スパの施設紹介を説明してもらいますが、このときは毎回、英語しか話せないスタッフです。たぶん日本人スタッフもいるのだと思いますが、私が行くと、この説明をするスタッフだけは毎回英語で説明してくれます。中学校レベルの英語しか理解できない私でも、キーワードを拾ってだいたい理解できますし、わからないことはもう一度聞けば、カタコトの日本語で言い直してくれますので、ここも安心してください。

⑤私はとにかくシャワーでフライトの汚れを落としたいので、ロッカーで水着に着替えてから、まずはシャワーを浴び、いろいろきれいに洗います。シャワールームの近くに大小のタオルやアメニティーは置いてあります。

⑥さっぱりしたところでオーシャンビューのスパに入ります。ジャクジー付きのお風呂にゆっくり入りながら、ワイキキビーチの賑やかな様子を眺めているだけで、泣きそうになるくらい「あーハワイに来たー幸せー♡」と感動します。

⑥そのあとは休憩室で冷たい水やあったかいお茶を飲みながら、またワイキキビーチをのんびり眺めます。このときが一番、高級スパに来た醍醐味を味わえる時かもしれません。ちなみに、このスパと休憩室は、施術当日であれば何度も利用できるようです。モアナサーフライダーに宿泊するときは、また夜に訪れてみてもいいかもしれません。

⑦休憩室にいると、名前が呼ばれますので、ここからいよいよ施術です。これは日本語スタッフもいれば、英語スタッフもいますので、そのときどきで対応してください。そんなに難しい会話はしませんので、英語が心配な方は以下の手順を予習しておけば大丈夫です!なお、基本的にタオルの下は何も着用しないように言われますが、オイルで汚れても良ければ下の下着はつけておいて大丈夫です。私も下はいつも水着を履いています。

⑧施術室に入ると、まずはオプションメニューをススメられます。私も好きな香りのオイルに変更したりしなかったり、そのときの予算と気分に合わせて、オプションを追加したりしなかったりしています。

⑨その後、ハワイアンソルトに日頃のストレスや心配事などの気をこめるようにとセラピストさんに言われます。その日の営業後にその塩を海に流してくれるそうです。

⑩いよいよ施術です。うつぶせで背中から足までのロミロミマッサージ。その後、仰向けで首まわりのマッサージ。どちらも本当に気持ち良くて、時差ぼけの身体はすっかり夢見心地です。一度一緒にいった母親はもっと強いマッサージでも良かったと言っていましたが、施術中に加減は聞いてくれるので、希望を伝えるといいですよ。英語が苦手な母は英語スタッフだったので何を聞かれているかわからなかったそうです。

⑪終了するとロッカールームに案内されます。施術にはオイルを使いますので、べとべと感が気になる私は、もう一度シャワーを浴びます。クローズまでは休憩室でゆっくりしていてもいいのですが、だいたいお腹もすいてくるので、私はこのあとは着替えて終わりにします。

⑫着替え後に受付に行き、精算をします。私は申し込み時にいつも前払いしておくので、オプションで追加したメニューなど追加料金がある場合のみ支払いを済ませます。

⑬大満足でスパをあとにします♡

身体もすっきり、心は満たされ、「さあ!これから数日間、ハワイを思いっきり楽しむぞ!」という気分になって、初日を迎えられるので、やみつきになってしまうのです。

そして、私は一般客なので写真が撮れませんでしたが、こちらは旅行会社のブログで写真付きで詳細に流れが書かれているので、施術で何か心配なことがある場合は一読していくと不安が解消されますよ。

◎前編
http://ameblo.jp/jtb-hawaii/entry-11038493871.html
◎後編
http://ameblo.jp/jtb-hawaii/entry-11038640378.html

機会があれば、是非1度は行ってみていただきたい!nicoでした。

スポンサーリンク
336×280レクタングル(大)
336×280レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加