オアフ島~ホヌ(ウミガメ)に触ると$500の罰金!?ラニアケアビーチでサンセットとホヌに癒される

※2013年5月の情報です

JTBのオプショナルツアーで連れて行ってもらいました!



ノースショアのラニアケアビーチ。別名タートルビーチというそうですね。カメハメハハイウェイをハレイワの街を通り過ぎて北上していくと、道路の両側に車がいっぱい駐車してあるところが。特に標識などはなかったと思いますので、自力で行くときはカーナビが必要かも。

ビーチに出ると、いたいた!

IMG_2820

ウミガメ、ハワイ語では「ホヌ」です。

写真では1匹しか写っていませんが、ビーチにほぼ等間隔で何匹も並んでましたよ。自分の場所とかあるのかな?なんだか整列しているのでかわいかったです。

午後の時間に行くと、このような甲羅干しが見られるそうです。ゆったりと気持ちよさそうに日向ぼっこしています。陽が傾いてきた時間でしたので、オレンジ色の光もあいまって、うっとり見入ってしまいました。癒し♡

ところでこのウミガメさんたち、私たち人間が近くまで寄っても、全然怖がりません。試しに50cmくらいまで近くに寄ってみましたが、どっしり構えてピクリとも動かない。

どうやら、ハワイ州の法律で、ウミガメに触ることが禁止されているとのこと。ガイドさんのお話しだと、触っただけで$500!!

「絶対に触らないでくださいねー。僕、$500払えないので。」

と注意を受け、なるほど人間は攻撃しないとわかっているから、カメさんたちは怖がらないんだなと、納得したのでした。

昔からウミガメを神聖な生き物として扱っているハワイ。そういえば、ハワイアンジュエリーのモチーフになっていますもんね。幸運を運んでくれる海の守り神、なんていういわれもあるとか。

日本の「八百万(やおよろず)の神」=自然のもの全てには神が宿っている、という考え方と、ハワイの神様の考え方はとてもよく似ていますよね。日本人にハワイ好きな人が多いのは、こういう部分で共感できることが多いからかもしれません。

忙しくショッピングやアクティビティを楽しむのもいいですが、こんなビーチでウミガメと一緒にぼーっと過ごすのもまた、贅沢な時間の過ごし方かと。ツアーじゃなければもう少しぼーっとしたかったなあ。nicoでした。

スポンサーリンク
336×280レクタングル(大)
336×280レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加