オアフ島~シェラトン・ワイキキは安心感がピカイチ!ワイキキビーチを見渡せるオーシャンフロントに泊まりました♪

※2013年5月の情報です

ワイキキには数あるホテルが立ち並んでいますが、このときは両親を連れての旅行だったので、父親の希望で眺望の良い部屋を予約することになりました。

主人と行くときはほとんど外に出歩いていて、ホテルでは寝る程度ですから部屋にはあまりこだわりません。しかし、年配の両親を連れてですと、一日中ホテルでのんびり過ごすなんて日もありますので、正直あと何回来れるかもわかりませんし、奮発して海の見える部屋を探しました。(あ、奮発したのは両親ですが・・・。)

ワイキキビーチに面したホテルはいくつかありますが、

・ワイキキのまちなかから近い(母親が足が悪いため)
・3人で泊まれる(エキストラベッドが置ける)
・オーシャンフロントの部屋がある
・予算内におさまる
・日本語サービスが充実している(両親ともに英語が苦手なため)

という条件を満たすホテルは意外と少ないもので、ほぼ一意にシェラトン・ワイキキが決まったのでした。

私も初めての宿泊だったので、ちょっとワクワク・ウキウキ。あのカモメのような形の個性的な建物は、初めてハワイに来た時から目についていましたし、何と言っても街も近く海も近いという立地に期待大でした。

さて、実際の宿泊についてレポートしますね。

絵葉書のようなザ・ハワイの眺望

まずはこちらが部屋からの眺望です。

IMG_2760

もう、言うことないですね!私たちがハワイと言って思い浮かべる景色の王道が目の前に広がっています。ダイヤモンドヘッドまで一望です♪

チェックインは旅行会社優先枠ですんなり

15:00くらいにフロントに行くと、チェックインの長蛇の列が・・・。うわーと思いながらも、大きいホテルだから仕方ないかと普通に並んでいると、

「○○からお申込みいただいたお客様、こちらから優先チェックインさせていただきます。」

という日本語でのアナウンスが。このときは大手旅行会社のツアーで行きましたので、チェックインも日本語、そして優先でチェックインができて幸運でした。

旅行会社のツアーは割高だと言われますが、私たちのような英語に不慣れで、かつ、年配者が含まれている場合は、ちょっと料金を多く払ってでもやっぱりこういったサービスがうれしいですね。




海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

部屋の設備はWi-Fiが重宝

設備は全体的に申し分なかったです。

特にWi-Fi環境。今はほとんどのホテルで客室で利用できますね。こちらシェラトン・ワイキキも例外なく。

シェラトン・ワイキキ インターネット環境について 
http://jp.sheraton-waikiki.com/hi-speed.htm

利用料金もリゾートフィーに含まれているので、気分的にも気軽に使えます。(もちろん、宿泊料金は払っているわけなので、何もお得ではありませんが・・・。)

ハワイに仕事は持っていきたくなかったのですが、どうしても仕事で何本かメールをやりとりしなければならない時期だったので、Wi-Fiサービスは助かりました。

トラブルにも日本語OKスタッフ常駐で安心

実は、上の階のラナイから、タバコの吸い殻が、私たちのラナイに何本も捨てられるという事件が勃発。そもそもラナイでの喫煙は禁止なはずなのに!

証拠隠滅で投げ込まれたと思われるので、私たちに罪をなすりつけられてもかなわない!しかも、危ない!と思い、さっそくフロントへ通報です。

憤慨しながらいざ電話しようと思った時に、ふと、あれ?英語しゃべれるかな?と我に返ったのですが、電話機には日本語OKスタッフへの番号が!助かりました。さすがシェラトン!

状況を説明し、対応してもらうことに。電話してからも何本か投げ込まれてくるので、怒りで上のラナイを見上げるも、見えない・・・。もう!早くして!なんて思っちゃいました。

その後、オプショナルツアーに出かけて帰ってくると、タバコの吸い殻がしっかり掃除されています。翌日以降は投げ込まれることもなくなりました。

せっかくのいい気分が台無しになった瞬間でしたが、でも、こういったトラブルは旅行につきものなので、こういうときにハワイの大手ホテルは日本語が通じる面で、やっぱりいいなと思いました。

いうことなしの立地

立地は最高ですね!

ハワイに行くと、ついついショッピングにも熱が入ってしまいますが、荷物を持ち歩くのがとにかく大変・・・。

ただ、このくらいワイキキのど真ん中にホテルがあると、1回部屋に荷物を置いて、また違うところに買い物に行く、なんてことが可能です。

また、上記の通り、大手旅行会社でツアーを申し込みましたので、トロリーをけっこう利用したのですが、乗り場がホテルの真下にありますので、アラモアナやダイヤモンドヘッドへささっと移動できたこともプラスでした。

私の母は足が悪いので、ちょっとの歩く距離も短くしてあげたいという思いもあり、ここを選んでよかったなと思いました。

ただ、思いっきり街の中ですので、その喧騒が気になる方はいるかもしれません。特に夜は22時くらいまで音楽が流れていて、窓を閉めていてもかすかに聞こえてくるぐらいのボリュームです。それを、「ああ、ハワイだなあ。」と感じるか「うるさいなあ。」と感じるかは個人差があるかもしれません。

テイストの違う多様なレストランで満足

レストランはいずれも朝食で、カイ・マーケットと吉家を利用しました。

カイ・マーケット
http://jp.sheraton-waikiki.com/kaimarket.htm

吉家
http://jp.sheraton-waikiki.com/yoshiya.htm

カイ・マーケットは外とつながってオープンになっていますので、ワイキキビーチのビューを楽しみながらブッフェ形式で好きなものをいただけます。ハワイらしさを存分に感じられる気持ちの良いレストランでした。

吉家はザ・和食で、早々にアメリカンな食事に飽きてしまった両親にとっては非常にうれしかったようです。お膳で出てきて、アジの干物や納豆などもありましたよ。スタッフさんも日本語でした。店内は意外と欧米系と思われる方も多かったです。

その他行きたいレストランはまだまだありましたが、やっぱりなかなか行ききれません。レストラン利用は宿泊客でなくとも大丈夫ですので、今後順番に行ってみたいですね。

まとめ

総合的にとても良いホテルでした。特に、今回の旅行(年配の両親連れ)ではメリットが多く感じられましたよ。大満足です。

唯一の後悔は、インフィニティ・エッジ・プールに入らなかったこと。両親はどちらも泳ぎませんので、なんとなく一人で行くのはためらわれてしまって・・・。

シェラトン・ワイキキ インフィニティ・エッジ・プール
http://jp.sheraton-waikiki.com/infinity.htm

ここは小さい子供NGなので、おそらくしばらく行けません。かなしい・・・。大人だけの滞在でこちらのホテルに宿泊された方は、是非是非行ってみることをおススメします!すごく気持ちよさそうでした。

いろいろありましたが、一度は泊まってみたかったホテルに泊まれて、大満足!またいつか訪れる機会があれば、他のアクティビティやレストランも利用してみたいと思います。nicoでした。

スポンサーリンク
336×280レクタングル(大)
336×280レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加