ハワイ島~【動画あり】キラウエア火山の溶岩に圧倒!溶岩の上を歩いてみた

※2011年6月の情報です

ハワイ島と言えば、キラウエア火山!これはもう外せません!

ただ、ハワイ島初心者の私たちが自力でスポットまで行けるはずもなく、今回もVELTRAで溶岩ウォーク&星空観測のツアーに申し込みましたよ。

VELTRA
マウナケア山麓 世界遺産キラウエア&星空観測 溶岩専門ガイドが徹底案内!デラックスツアー

島を半周するツアーで、ホノカアの街やビッグアイランドキャンディーズなど火山以外にもいろいろ寄ってくれました!

ただ、とにかくメインは火山!まずは、溶岩トンネル(ラバ・チューブ)に連れて行ってもらいました。

IMG_0200

公園の入り口に車を停め、ジャングルのような道を歩いていくと、トンネルの入り口が見えます。

IMG_0104

ここは、かつて溶岩が流れたところの表面が固まって、トンネル状になったものなんだそうです。中はとにかく真っ暗!

IMG_0114

奥の方は手持ちのライトがないと足元も見えないほどでした。

ここを溶岩が通ってたんだなあ、と思うとなんだかちょっと恐ろしいような気持ちに・・・。このようなトンネルがハワイ島には何本もあるそうですよ。

さてさて、次は地表に溶岩が流れ出た場所に行くとのこと。その道中、荒涼とした大地の迫力に圧倒された私。

びっくりしたのが、溶岩の上に、力強く植物が生えてるんですよね!

IMG_0215

一度は焼けた大地にも、こうやって新しい命が芽吹くんですね。ハワイ島はハワイ諸島で一番若い島。ハワイ諸島の生い立ちを見ているようでいちいち感動しました。

さて、そうこうしているうちに、溶岩スポットに到着!もちろん、かなり前に流れてきたところですよ。ホットなところではありません。

IMG_0129

以前舗装された道路だったところに、まっ黒のかたまりが流れ、覆いかぶさっています。ほんとに圧倒です。

さて、溶岩の上に乗ってみました!

IMG_0122

踏むと見た目とは裏腹に、音はしませんがさくさくとした感じ、軽い感じがあります。近くによると、うねうねしてますねぇ。うわーっと感動です。

IMG_0136

ハワイの神様「ペレ」の髪の毛とも言われているこの溶岩。

pele

近くで見るとまさにという感じですね。

また少し場所を移動して、今度は海岸沿いへ。

私がイメージする「ハワイの海」はビーチ。白い砂浜、青い透き通った海、静かに打ち寄せる波。でしたが、それらを見事に裏切られる景色。

IMG_0228

断崖絶壁の真っ黒な岩に、荒々しい波が打ち寄せています!この絶壁も、溶岩が流れ出し、海の水で冷やされてできたもの。いい意味で裏切られて本当に感動!大自然の力を感じました。

そして、火山ツアーの最後に、いよいよキラウエア火山の火口へ。今現在、活性化しているのはハレマウマウ火口と説明され、標高の高いロッジまで連れて行ってもらいました。

ここにくると、とにかく寒い!!事前にあたたかい上着をと言われていましたが、主人は持って行ったウィンドブレーカーでは到底足りず、ガイドさんからさらに上に着る物を借りていました。

IMG_0146

皆さんも、標高の高いところに行かれる時は、初冬の装いを用意していってくださいね!

そして、お待ちかねのこちらハレマウマウ火口。

IMG_0245

着いたときはまだ明るかったため、向こうの方に大きな穴があるなあ、程度にしか見えませんでした。

どんどん暗くなるにつれ、

IMG_1192

おお、ちょっと赤くなっているのがわかります。

IMG_1195

おおお!生きているマグマの雰囲気が伝わります!

私たちが訪れた時は、火山活動が落ち着いている時期でしたが、活発な時はもっと明るさがあるそうです。

今、この大地の下で、ボコボコとしているマグマがあると思うと、地球って生きてるんだなあと、ベタなことを考えてとても神聖な気持ちになったのでした。

溶岩の大地の上で風を感じたり、じっと黒い溶岩を観察したり、それに覆われた広大なハワイ島の景色を堪能したり、ゆったりとハワイ島と向き合った1日でした。ボコボコとした火山もいいけど、こんな火山の味わい方もいいですね。nicoでした。

スポンサーリンク
336×280レクタングル(大)
336×280レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加